合格出陣式を開催致しました 

サイト内検索CMSパッケージ サポートサイトサイト管理画面



トップページ > お知らせ・新着情報 > 中学部 > 合格出陣式を開催致しました

2018/05/01

合格出陣式を開催致しました
 4月15日(日)に中1生・中2生・中3生合同で“合格出陣式”を、聖隷クリストファー高校にて開催致しました。休日の中たくさんの保護者の方と生徒のみなさんに御参加頂き、大盛況の会となりました。
 御参加頂いた保護者の方と生徒のみなさん、本当にありがとうございました。
 当日の会の内容と、保護者の方から頂戴致しました御感想の一部を掲載致しましたので、是非御覧下さい。

合格出陣式の内容

(1) 『なぜ今勉強しているのか?』
(2) 『入試に勝つ心構え』
(3) 『高校入試制度と本年度合格者分析』
(4) 『年間指導方針』
(5) 『卒業生による入試体験記発表』
(6) 『生徒代表決意表明』



塾長櫻井より
『なぜ今勉強しているのか?』

入試に関する
チェックテストを実施

職員による
勉強の仕方の劇を披露

多くの方に
御参加頂きました

卒業生による入試体験記発表



浜松北高生

浜松市立高生

浜松南高生

浜名高生

生徒代表決意表明



中1生

中2生

受験生

合格出陣式後のアンケートより

受験生の保護者の方より
改めて子供と一緒に、この1年を頑張ろうという気持ちになれました。合格者の生の声も聞けて良かったです。
  なぜ勉強しないといけないのか?ということを、詳しくわかりやすく説明して頂き、学校では教えてくれない受験の合否について聞くことができて良かったです。
説明会の後、娘の気持ちに変化があり、勉強しなくてはいけないという気持ちが出ました。
  中3生になって、どのように進路を決定していいかわからず、親として今の成績で入れる高校を勧めるのがいいか考えあぐねていました。
今回合格出陣式に出席させて頂き、気付くことが大いにありました。
子供本人が頑張ることを体得すれば、それが自信となって将来何度でも頑張ることができる人になれると思います。

中2生の保護者の方より
  1ヶ月前に上の子の受験が無事終わり、一息ついたところですが、合格出陣式に参加して、色々な説明を聞き、また新しい気持ちで子供をサポートしようと思えたことが本当に良かったです。
真剣な話しの中に、笑いもありわかりやすい説明会でした。
  勉強のやり方、入試体験記を聞くことができ、また、内申点の上げ方等も直接聞けて良かったです。
むぎの先生方の熱意が伝わってきました。

中1生の保護者の方より
  上位校の合格を目指すには、生半可な取り組みでは駄目だということが良くわかりました。
1年生から2時間以上の家庭学習を頑張るように後押ししていきたいと思います。
  『不可能を可能にした体験は一生の宝となる!』その通りだと思います。
今の子供の実力では厳しい目標ですが本人が志を強く持っている以上、応援していこうと考え直しました。
本人も目標勉強時間2時間を突破すべく、帰宅後に早速勉強していました。
合格出陣式に参加して思うところがあったようです。
  今回参加させて頂いて、子供だけが頑張るのではなく、親も一緒になってサポートしていく必要があるんだなと改めて感じました。

受験生より
  学力の差は『時間の差』だということを学びました。
勉強は『わかった量+暗記した量+反復した量』なので、この3つを押さえた勉強に変えます。
過去は関係ない、前を向いて未来へ向かって頑張るぞ!
  今からやるべきことがたくさんあることがわかりました。
内申対策、1日3時間勉強など、夏からでいいやと思うのではなく、今のうちからコツコツやり続けることです。
  大学進学予定者が集まる高校は『激戦入試』になることがわかり、今のままだとだめだと思い、今日から頑張って激戦入試の合格を勝ち取りたいです。

中2生より
  内申点の重要さが良くわかりました。
受験のときも内申点が最初に重要になるので、これから内申点をもっと上げていきたいです。
  先輩達が、22点から46点、14点から40点へと点数を上げたことから、努力すれば点数は良くなることがわかりました。
私も先輩達のように努力して良い点数を取れるよう頑張りたいです。

中1生より
  僕は合格出陣式の前までは、受験勉強は中学3年生から頑張ればいいと思っていました。
しかし、この合格出陣式を終えて、他人ごとではない、今ここで頑張らないとみんなに追い抜かれると思いました。
1日2時間勉強!この目標時間をクリアして、合格発表の時に笑えるよう頑張っていきたいです。
  内申点がとても大切なんだと学べましたので、勉強ももちろん内申点を高く付けてもらえるように、学校の授業を受けていきたいと思います。